ホーム > プロフィール > 経営理念・経営方針 > 経営理念と長期ビジョン
経営理念・経営方針
経営理念
当会は、
1.「農と食」を基軸とするJAグループの一員として、県内農業をしっかりと支えるとともに、地域の活性化に貢献します。
2.県下JAの信用事業の安定的かつ効率的な運営に向けて力を尽くし、県下JAの地域における存在感向上に貢献します。
3.自らの社会的責任と公共的使命を認識し、 経営の自己責任原則のもと、健全かつ適切な事業運営に徹します。
4.職員が能力を十分に発揮できる働きがいのある職場をつくります。
長期ビジョン
〜10年後のなりたい姿〜

1.大規模農業法人等のメインバンクとして高く支持されるとともに、 地域産業の発展に貢献していると評価される金融機関
2.県下JA信用事業における支援役・牽引役として、 必要不可欠であると評価され続ける組織
3.いかなる環境の変化にも耐え得る強固な財務基盤を有する金融機関
4.職員一人ひとりが仕事に誇りを持ち、 働きがいを感じる職員満足度の高い組織

経営方針
■ 中期経営計画
当会は、「中期経営計画(平成28年度〜平成30年度)」において、次の基本方針を掲げ、これにもと づく実践事項に取り組んでいます。

【基本方針】
1)農業メインバンク機能の十全発揮にかかる県下JAへの指導支援と農業法人との取引拡充
2)生活メインバンク機能の充実・強化にかかる県下JAへの指導支援と地域産業発展への貢献
3)県下JAの事業管理態勢強化にかかる指導支援
4)安定還元と財務基盤強化に向けた収益確保
5)経営資源の効果的活用による組織力の強化


経営体制
当会は、経営意思決定機能と業務執行機能を分離することで、経営の一層の健全性向上と専門性・ 機動性のある業務執行に努めています。具体的には、 業務の基本方針や貸出限度額の決定などは会員の代表者で構成する経営管理委員会が行い、 同委員会が定めた枠内における日常の業務執行を事業に精通した学識経験者で構成する理事会が行う仕組みになっています。
 経営管理委員会は意思決定機能のほかに理事の職務遂行の監督機能も有しており、 理事の職務執行の合法性・合理性・適切性等を監督しています。
当会の経営体制
Copyright (C) JA Mie Shinren All Rights Reserved.