ホーム > JA三重信連からのお知らせ・一覧 > 新経営理念ならびに新長期ビジョンの制定について

2016年01月04日

 JA三重信連(代表理事理事長:寺田 好男)は、組織を取り巻く環境の変化を踏まえ、平成28年度からスタートする次期中期経営計画での事業展開に先立ち、以下のとおり、経営理念を一新するとともに、新たに長期ビジョンを制定しましたので、ご案内いたします。

 ■経営理念
 1.当会は、「農と食」を基軸とするJAグループの一員として、県内農業をしっかりと支えるとともに、地域の活性化に貢献します。
 2.当会は、県下JAの信用事業の安定的かつ効率的な運営に向けて力を尽くし、県下JAの地域における存在感向上に貢献します。
 3.当会は、自らの社会的責任と公共的使命を認識し、経営の自己責任原則のもと、健全かつ適切な事業運営に徹します。
 4.当会は、職員が能力を十分に発揮できる働きがいのある職場をつくります。


 ■長期ビジョン
〜10年後のなりたい姿〜
 1.大規模農業法人等のメインバンクとして高く支持されるとともに、地域産業の発展に貢献していると評価される金融機関
 2.県下JA信用事業における支援役・牽引役として、必要不可欠であると評価され続ける組織
 3.いかなる環境の変化にも耐え得る強固な財務基盤を有する金融機関
 4.職員一人ひとりが仕事に誇りを持ち、働きがいを感じる職員満足度の高い組織
Copyright (C) JA Mie Shinren All Rights Reserved.