JA共済連 三重
ホーム > JA共済カップ 三重県少年サッカー大会

JA共済カップ 三重県少年サッカー大会

 JA共済では地域貢献活動の一環として、三重県内のサッカー競技の普及、および次世代を担う少年少女の健全育成を目的として、小学生を対象としたサッカー大会を開催しています。
 新型コロナウイルス感染症の影響による大会中止のため3年ぶりの開催となった本大会では、県内各地から多くの少年サッカーチームが参加しました。

 

JA共済カップ 三重県少年サッカー大会(U-11)2022

大会概要

名称

JA共済カップ三重県少年サッカー大会(U-11)2022

目的

 三重県内のサッカー競技普及と小学校高学年代にゲームの楽しさを体験していただき、次世代を担う少年達がサッカーを通じて身体を鍛え、フェアプレーの精神を養い、正しく強くそして想像力豊で健全な心身の発育を図る。

開催日・場所

(1) 5月8日(日):予選1日目(ブロックごとのリーグ戦・トーナメント戦方式)
県下各地14会場
(2) 5月15日(日):予選2日目(ブロックごとのリーグ戦方式)
伊勢フットボールヴィレッジ(伊勢市)
(3) 5月22日(日)決勝大会(トーナメント戦方式)
伊勢フットボールヴィレッジ(伊勢市)

参加チーム

104チーム(うち 少女の部3チーム)

主催者等

主  催 一般社団法人三重県サッカー協会、全国共済農業協同組合連合会三重県本部
後  援 三重県、中日新聞社、三重テレビ放送、三重エフエム放送
主  管 一般社団法人三重県サッカー協会4種委員会
特別協賛 三重県下JA
協  力 株式会社モルテン

予選1日目(5月8日)・2日目(5月15日)

 予選1日目は初夏を思わせる陽射しの中、県下14会場で熱戦が繰り広げられ、全101チームの中から24チームが勝ち上がりました。
 予選2日目は伊勢フットボールヴィレッジで行われ、決勝大会に出場する8チームが決定しました。

決勝大会(5月22日)

 厳しい予選を勝ち抜いた8チームによる決勝大会が、伊勢フットボールヴィレッジで行われました。新型コロナウイルス感染症の影響により、チームの仲間や家族が声を出して応援することはできませんでしたが、1プレーごとに拍手を受ける選手たちが、精一杯のプレーを繰り広げました。
  決勝は「津田フットボールクラブ」(桑員地区)と「伊勢MTK FC」(伊勢地区)の対戦となり、3対2で津田フットボールクラブが勝利し、第2回大会(2009年)ぶり2回目の優勝を果たしました。
 少女の部ではリーグ戦の結果、三重FCクイーンズ(桑員地区)が第11回大会(2018年)ぶり2回目の優勝に輝きました。

最終結果

優    勝 津田フットボールクラブ(桑員地区)
2    位 伊勢MTK FC(伊勢地区)
3    位 大山田サッカースポーツ少年団(桑員地区)
4    位 七和ジュニアサッカー(桑員地区)
最優秀選手賞 山中 理功(津田フットボールクラブ)
JA共済賞

辻 彪亜(伊勢MTK FC)

JAグループ
 三重賞
高橋 由樹(大山田サッカースポーツ少年団)

大河内 駿(七和ジュニアサッカー)

最終結果(少女の部)

優    勝 三重FCクイーンズ(桑員地区)
最優秀選手賞

三浦 璃音(三重FCクイーンズ)

JA共済カップ京都招待少年サッカー大会

 今大会の優勝チームである「津田フットボールクラブ」が、三重県代表として出場します。

 開催日:令和4年9月24日(土)~9月25日(日)
 場 所:京都宝ヶ池球技場

JA共済連三重 地域貢献活動